2016年夏の沖縄旅行。格安旅行の旅費公開します。

沖縄旅行の話を少しずつ書いています。

2016年7月の沖縄旅行の旅費を公開しておきます。

数年前から飛行機は格安航空のLCC。宿泊場所は戸建ての貸別荘などに定着してきています。

2017年からはマイルを貯めることに挑戦しはじめたこともあり、2017年からはLCCは利用していません。

2016年は飛行機はLCC

2016年の沖縄旅行は7月でした。

自宅からは少し遠いのですが、関西空港からピーチ、神戸空港へソラシドエアを利用します。

2015年までは往復関西空港からピーチを利用して行っていたのですが、那覇空港ではLCCターミナルへの移動が面倒なんです。

ですので、2016年は行きは関西空港からピーチ。帰りはソラシドエアで神戸空港へ戻るという方法でやってみることにしました。

関西空港へは関空ベイシャトルで駐車場が無料に

関西空港へは神戸空港のすぐ横にある関空ベイシャトルという船で30分で行くことができます。

関空ベイシャトルを利用する場合は駐車場が無料なんです!

長期の旅行の場合は空港の駐車場代だけでもかなりの金額になってしまうのですが、関空ベイシャトルを利用すればかなりお得になります。

昨年は関西空港へ行ったら関西空港へ戻らなければいけないと思い込んでしまっていたので、往復関空でピーチを利用しましたが、関空ベイシャトルは往復利用しなくても片道だけで無料になるということ気づきました。

帰りは神戸空港に戻ってくれば、関空からの移動時間を短縮できるんです。

帰りは体力的にも気分的にも落ちているだろうし、お土産などで荷物も増えてしまっているので、できるだけ帰りの移動時間は短くしたいのです。

レンタカーは早割の予約で安くできる

夏休み期間中のレンタカーは大手のレンタカー会社は早いうちから予約が埋まってしまうことも多いですし、直前に予約するとなるとすごく高いんです。

飛行機も予約して、日程が確定しているのであれば、レンタカーは半年くらい前から夏の早割プランが出始めますので、早めに予約をしておけばかなり安くすることができます。

しかもツアーではなく、レンタカーだけで予約をすると直前までキャンセル料金もかかならいことが多いので、予約だけはしておいて損はありません!

同じレンタカー会社でも自社のホームページや楽天やじゃらんなどサイトによって同じ日程でも料金が違っていたりするので、いろいろと見比べて一番安いものを探します。

我が家やじゃらんレンタカーで予約をしました。

宿泊はコテージや貸別荘などを利用して自炊する

2016年の沖縄旅行は7泊でした。

ホテルに泊まって毎日外食をしていたのでは食費だけでもかなりの金額になってしまいます。

コテージや貸別荘を借りて地元の商店やスーパーなどで食材を買って自炊をしています。

貸別荘などは、人数ではなく1泊いくらと料金設定しているところも多いので、家族が多かったり、友達グループと宿泊する場合はかなりお得になります。

バーベキューセットを貸出してくれるところも多いので、マンション暮らしでいつもは家でバーベキューなんてできないという場合は、子供もすごく喜びます。

 

現地ではノープランで行動をする

沖縄へ旅行をするようになった最初の頃は、出発をする前に行きたい場所を考えて旅程表を作ったりしていました。

それも旅行の楽しみだったりはするのですが

子連れだと子供の体調やご機嫌次第では予定通りにはいかないのです。

我が家も最初の頃の旅行はそれで疲れてしまったりしていましたが

今は完全ノープラン!

夏の沖縄は台風の影響もあって海に入れないなんてこもよくあるので

朝目が覚めてからその日の予定を考えることにしています。

旅費公開

家族3人分の2016年沖縄旅行の旅費です。

  • 飛行機 往路 ピーチ 26,400円(@8,500円×3・支払手数料990円)
  • 飛行機 復路 ソラシドエア 30,000円(@10,000円×3)
  • 関空ベイシャトル 2,930円(大人@1,850円×2 子供930円)
  • レンタカー 6泊7日 17,400円
  • 宿 7泊8日 52,400円

家族3人 7泊8日
合計 129,220円

その他現地でかかったお金もありますが自炊なので普段の生活での出費と変わらないくらいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサーリンク

アーカイブ

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
楽天トラベル・じゃらんで満室のホテルも近畿日本ツーリストなら空いているかも!?

ページ上部へ戻る