「ネオパークオキナワ」は動物と触れ合える子連れにおすすめの動植物公園

「ネオパークオキナワ」は沖縄本島北部の名護市にあります。

沖縄でわざわざ動物園へ行く必要もないかと思っていましたが、行ってみるとこれがものすごく楽しい!

やんばるの自然を活かした動植物園でとても広くて、動物とはビックリするくらい近くで触れ合うことができるので子供の大喜びなんです。

ネオパークオキナワとは

沖縄県名護市にあります。名護市にある大きなイオンのすぐ近くです。

沖縄の豊かな気候と風土を利用して、中南米・オセアニア・アフリカなどの熱帯地方の動植物を保温設備なしで飼育されているめずらしい動植物園です。

毎年沖縄へ行っていますが、海以外にはあまり興味がなく今までは行こうという話にはなりませんでした。ですが息子がちょうどカブトムシやクワガタにはまっていた時期で、ネオパークオキナワでやっていた昆虫フェスティバルに行きたいというので行ってみることになりました。

夏休みはこういうイベントもやっているので、子連れには嬉しいですね!

昆虫フェスティバルというので、どんなすごいものかと期待していましたが、それほどすごい展示ではありませんでした…。

ですが息子はいろんな種類のカブトムシやクワガタを見れて楽しんでいました。

ネオパークには入らず昆虫フェスティバルだけ入場することもできますが、せっかくなのでネオパークにも入っておきます!

野鳥と触れ合えるフライングゲージがすごい!

入ってすぐ大きなフライングゲージがありたくさんの鳥たちがいます。

入ってびっくりの広さ!

しかも鳥と人との境はなく自由に触れ合うことができます。

鳥の方からぐんぐん寄ってきます(笑)

園内に入ってまだ10歩くらいしか歩いていませんが、もう楽しい!!

結構大きな鳥がいっぱい寄ってくるので、息子はビビッて前にすすめないという状況(笑)

小さなお子さんだと子供の身長より大きな鳥にたくさん囲まれてしまったらコワくて泣いてしまう子もいるかもしれませんね…。

でも、これだけ広いフライングゲージで鳥たちが自由に飛び回れる環境ってすごくいい。

鳥たちも幸せそうです。

こんな綺麗な鳥もものすごい近くで観察することができちゃいます。

しかも園内ではいろんな場所でエサを売っていてほとんどの動物たちに自由にエサやりすることができます。

アマゾン川の水中を再現

大きなフライングゲージを抜けると、南アメリカの熱帯雨林を再現したジャングル。

アマゾン川の水中を再現した水中トンネルがあります。

水族館によくあるような綺麗な水中トンネルとはまた違ってちょっと迫力あります。

濁った水がアマゾンの川っぽい!

泳いでいる魚もすごいのばかりです。

こんな気持ち悪いのがガラスのへばりついてます…(笑)

ふれあい広場でのんびり

ネオパークオキナワには小動物と触れ合える「ふれあい広場」もあります。

4歳以上は入場料が300円必要ですが、小さな子供でも安心して遊んだり、動物と触れ合ったり、エサをあげたりできます。

ふれあい広場でのエサやりは専用のエサ(青い袋に入ったエサ)が必要になります。

巨大なリクガメに乗せてもらって記念撮影をすることもできるので、いい記念になりますね!

沖縄軽便鉄道

園内を走る機関車もあります。

沖縄軽便鉄道とは大正3年12月1日に沖縄本島南部の那覇駅から与那原駅での間で営業が開始し、その後嘉手納駅まで線路を伸ばし、北部の名護市まで延長が計画されていたという幻の機関車です。鉄道は太平洋戦争の時に破壊されてしまったらしいです。

昔は沖縄にも鉄道があったというのをここで初めて知りました!

この機関車に乗れば園内を一周することができます。

園内の見どころなどをガイドしてくれるので、のんびり乗ってみるのもいいですね。

まとめ

何年も毎年沖縄旅行をしていましたが、初めて行ったネオパークオキナワはすごく楽しかったです!

ただの動物園だと思っていましたが、園内は鳥が自由に飛んでいたり歩き回っていたり。

植物も本土とは違う熱帯の植物がいっぱいで面白いです。

のんびり散歩しているだけでも癒されます。

もっと子供が小さい時に行っていたら、違う反応で楽しかっただろうなと思います。

また機会があったら行ってみたいですね!

 

【ネオパークオキナワ(名護自然動植物園)】

住所:〒905-0012 沖縄県名護市字名護4607-41
電話番号:0980‐52‐6348
開園時間:午前9時~午後5時30分(入園は午後5時まで)
休園日:年中無休
入園料:大人660円 中高生330円 4歳~小学生220円
ふれあい広場入場料:4歳以上300円
沖縄軽便鉄道乗車料:大人(中学生以上)660円 3歳~小学生440円
国際種保存研究センター入場料:4歳以上300円

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサーリンク

アーカイブ

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
楽天トラベル・じゃらんで満室のホテルも近畿日本ツーリストなら空いているかも!?

ページ上部へ戻る