キャンセル料がもったいない!予約したホテルを売買できる「Cansell」で無駄をなくす

子連れの旅行で心配なのは

子供が熱を出して行けなくなってしまったり、急な予定変更などで予約をしておいたホテルをキャンセルしなくてはいけなくなってしまった時。

ホテルによってキャンセル・取消料の設定は違いますが、当日キャンセルは100%のキャンセル料がかかってしまうということが多いです。

早割りのプランやちょっといいホテルなんかは予約したその時からキャンセル料が発生するというものあります。

特に予約を取るのが大変な人気の宿泊施設などはキャンセル料が発生する時期も早めに設定されている場合が多いものです。

高いホテルだったり、発日が近づくほどキャンセル料も高くなってしまうけれど、子供の体調はそんなことはお構いなし。

どうしてもキャンセルしなくてはいけないくなってしまった時に、宿泊の予約を買い取ってくれるサービスがあるんです。

 

宿泊予約を出品して売れるサービスとは

今まで宿泊予約をして、キャンセル料がかかってしまう時期になってしまうと、宿泊を取消するには泣く泣くキャンセル料を払わなくてはいけませんでした。

そんな宿泊予約を売買できる「Cansell(キャンセル)」というサービスがあります。



宿泊予約の権利売買サービス【Cansell(キャンセル)】

キャンセルしなくてはいけなくなってしまった人が宿泊予約を出品して、行きたい人が買い取るというもの。

●キャンセルしなくはいけない人はキャンセル料を節約できる
●宿泊予約を買いたいという人は直前でも安く泊まれるかもしれない

というどちらにもメリットがあります。

フリマアプリの「メルカリ」や「ラクマ」などと同じような感じで宿泊予約に特化したサービスです。

宿泊権利を出品・買い取りする方法は

まずは会員登録をします。
登録費や月額費などは無料です。

①予約を売りたい人が出品(予約確認メールをCansellに転送するだけで出品できる)
②Cansellが宿泊予約を確認して審査通過後、掲載される
③宿泊予約を購入したい人が購入する
④購入者がCansellに支払いをする
⑤Cansellが宿泊名義の変更
⑥購入者が宿泊
⑦宿泊後、出品者にCansellから代金の支払い

 

面倒な手続きはすべてCansellがやってくれる

「メルカリ」などのフリマアプリでは出品者と購入者で個人情報や連絡などのやり取りをしなくてはいけない場合がありますが、「Cansell」では出品者と購入者とメッセージなどでやり取りをする必要もなく、お互いに個人情報などを教える必要もありません。

出典:宿泊予約の権利売買サービス【Cansell(キャンセル)】

出品内容はすべてCansellが確認

出品される内容に間違いや不備がないかを、Cansellのスタッフが確認をしてくれます。

万が一予約が確認できない場合は掲載されることがないので安心です。

宿泊者の名義変更もやってくれる

購入する側からすると、知らない人が予約した宿泊でちゃんと自分が泊まることができるのか…
と不安になりますよね。

購入後は事前にCansellが宿泊名義の変更までやってくれるので、宿泊施設で直接自分の名前を言って宿泊するこができます。

代金はCansellが仲介で安心

フリマアプリなどでもそうですが、代金はCansellが仲介をし、一時預かりをして、購入者のチェックイン日が過ぎてから出品者に振り込まれることになるので、購入者は安心して決済をすることができます。

 

Cansellを利用するメリットは?

宿泊予約を売買できる「Cansell」には利用するすべて人にメリットがあります。

予約の出品者はキャンセル料を満額払うことがなくなり節約になるかもしれません。
購入者は宿泊日ギリギリでもお得な金額でホテルに宿泊できるかもしれません。

面倒な手続きはすべて出品者・購入者がやることなく、Cansellでやってくれますので、宿泊できないとか代金が振り込まれないなどのトラブルを避けることもできます。

さらにホテル側もキャンセルされてしまうよりは、別の人に宿泊してもらって通常の宿泊料金を受け取れます。

 

人気で予約が難しいホテルが希望日に予約サイトでは満室で予約できなくて諦めていた場合でも

もしかしたら「Cansell(キャンセル)」で予約できてしまうかも!?しれません!



人気のホテルが割引でお得に【Cansell(キャンセル)】

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサーリンク

アーカイブ

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
楽天トラベル・じゃらんで満室のホテルも近畿日本ツーリストなら空いているかも!?

ページ上部へ戻る